INFORMATION

お知らせ・コラム
コラム

『むし歯(虫歯)』ってどんな病気?

2022/06/28

前回は『歯周病』についてご説明しましたが、今回は『虫歯』についてご説明します。

『むし歯(虫歯)』の原因は?

お口の中には様々な菌が存在しますが、『むし歯(虫歯)』の原因となる代表的な菌を”ミュータンス菌”と言います。その他にも虫歯の原因菌はありますが、これら原因菌が出す酸によって歯のカルシウムが溶かされて歯がもろくなり次第に穴が開くという症状が現れます。

『むし歯(虫歯)』も『歯周病』と同様に重症になるまで自覚症状がないため気がつきにくい事が特徴です。

虫歯が発生するまでには、様々な要因が重なっておこります。

その要因のうち大きく関わっているのが、糖質(しょ糖)・原因菌(ミュータンス菌)・歯質(エナメル質・象牙質)・時間の4つの要因が重なるとむし歯(虫歯)が発生します。

しかし、歯に穴が開く前に定期健診などでプロに管理をしてもらえれば進行する事はありません。

『むし歯(虫歯)』発生のメカニズム

①お口に中にある菌(ミュータンス菌など)が糖分を取り込み、歯垢(プラーク)を形成します。

②歯垢(プラーク)の中で菌(ミュータンス菌)が増えて糖分から酸を作ります。

③作られた酸によって歯質からカルシウムやリンが溶け出します。これを脱灰と言います。

④この脱灰が進むと歯に穴があき、むし歯(虫歯)が進行します。こうなるともう元には戻らないため治療が必要です。

『むし歯(虫歯)』にならないためのポイント

前回『歯周病』の際にお伝えした事と同じでどちらを予防するためにも

1.毎日歯磨きで歯垢(プラーク)を落とす。

2.定期健診でプロ(歯科医師・歯科衛生士)に管理をしてもらう。

この2つをすることで、痛くて怖い治療を防ぐ事ができます。

当サロンでも『むし歯(虫歯)』にならない為のメンテナンスを行っております。

まずは、カウンセリングを受けていただき一人一人に合ったプランでの予防をご案内しております。

ご予約はこちらから お待ちしております。